09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11


| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
生誕
latour_生誕

忘れられていた画家、ジョルジュ・ド・ラ・トゥール。(1593~1653)
フランス古典主義の画家ですが、独特の蝋燭の光りに神秘的に照らされた静謐な画風から、「夜の画家」とも呼ばれています。
20世紀になってから(1915年)再評価されたそうで。
イタリアバロックのカラヴァッジョの影響を受けていたといいますが、この光りの静かさは、カラヴァッジョとはまた別物の感じがいたします。
真作、贋作がはっきりしないものも相当あるようです。

実は今日西美(国立西洋美術館)に行ってまいりました。
西美で楽しみにしてる作品といえば、カルロ・ドルチの「悲しみの聖母」。はい、マイベスト絵画の一枚。

悲しみの聖母(ドルチ)

しかし!!なんと今この絵は展示してなくて、代りにグイド・レーニの「ルクレツィア」が・・・
いえ、ルクレツィアは素晴らしい絵です。身を汚されたことを嘆き、いまやナイフで自害せんというその時を描いた素晴らしいもの。(さすが西美ですね~~)
西美には他にも凄い絵がたくさん。
ラトゥールの絵も一枚あります。

コレ↓

latour_聖トマス

聖トマスはイエスの弟子の一人ですが、キリストの復活をなかなか信じず、復活したイエスの腹の槍による刺し傷を確認した、という疑い深い聖人。

この絵も槍持ってますので、聖トマスとしれます。
こんな絵がごく身近で、それもガラガラの美術館で見られるなんて!!!

ラトゥールの作品は蝋燭の暖かい光りに照らされた、内省的で神秘的な絵が多いですね。
私の好きなもう一枚。

latour_改悛するマグダラもマリア(鏡)

改悛するマグダラのマリア。
ラトゥールは何枚もマグダラのマリアを描いてますが、私はこれが一番好き。
これもまたマイベスト絵画の一枚。

latour_大工の聖ヨセフ

大工の聖ヨセフ

右の子どもはキリストです。
この手が灯りに透けているさま!!!これはきますね。

夜の画家といわれてはいますが、ラトゥールの有名な絵にこの絵も。

latour_いかさま師(クラブA)

いかさま師

これは、クラブのエースですが、ダイヤのエースのヴァージョンもあります。この後の場面ですね。

ラトゥールの絵の前に立つと、東洋の辺境のそのまた場末の無宗教な人間にも何か聖なる感動が伝わってくるような気がします・・・


スポンサーサイト

THEME:art・芸術・美術 - GENRE:学問・文化・芸術
美術TB(0) | CM(4) | top↑
<<辞世の一句 | Home | 受胎告知~ポントルモ>>
comments
こういう蝋燭に照らされたシュチュエーション大好きですv-10
中世の西洋ではこのびっちりしめました状態のおくるみ赤ちゃんが定番っぽいですが、苦しくないのかとっても気になります。
【2009/01/25 00:12】URL | 栗きんとん #-[ EDIT]
炎って綺麗。
蝋燭の灯りっていいですよね。揺らぐところがまたなんとも素敵。

おくるみ赤ちゃん!!
ホント、昔の絵って赤ちゃん皆ぐるぐる巻きですよね。日本でも。
股関節脱臼は大丈夫なのか?なんて余計な心配しちゃいますよ。

西美は本当にいい絵が沢山。
こちらにいらしたらご案内しますので、ぜひお声をかけてくださいませ!!!
【2009/01/25 10:33】URL | ちゅん吉 #qx6UTKxA[ EDIT]
なんて美しいのか・・
ラトゥールのマグダラのマリア。
本当に美しい。
どれだけ目を凝らしても、どれだけ見つめても、いったいどんな技法で描き表現したのか見当もつかないその陰影の静かな迫力。。
なんて美しいのでしょうか!

ものすごく癒されますね。
元々、サイトにも書いてますが(笑) 炎が好きなんです。
そして陰影の深い絵が好き。

それだけで、深い迫力があり目を引きつけて離さない力に魅かれます。
私もこの絵が一番好き・・というより、もう圧倒の域ですね(*^^*)
【2009/02/05 00:12】URL | MIHIRO #2sQQXnjA[ EDIT]
コメントありがとうございます!
ラ・トゥールの蝋燭の灯り、素晴らしいですよね~!!!
静かでいながら、中に熱い情熱を秘めてるような筆致が素晴らしいです!!
マグダラのマリアシリーズは皆いいですが、これは特に内省的な顔付きが胸にきます。

いくら見ても見飽きないですわ・・・
【2009/02/05 18:46】URL | ちゅん吉 #qx6UTKxA[ EDIT]
please comment














Only Admin
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。