11≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01


| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
私は覗き見る
ムーラン街のサロン

自分に不実をしてまでも
惚れたりするのは馬鹿らしい
それよりいっそ はいろうよ
さあ、はいろうよ、この見世へ
ここなら正気をたがわずに
誰にも恋ができるんだ  

               J・コクトー  堀口大學 訳

ロートレックといえば、ムーラン・ルージュ、モンマルトルのキャバレーや娼婦たちを描いた画家として有名ですね。
彼は幼い頃の落馬事故が元で、足の成長が止まってしまいました。
伯爵家に生まれ、何不自由なく育つはずだったのに。
ロートレックの絵は、まるで覗き見をしてるような切ない思いに満ちています。

pic_exhibition_9.jpg

こちらはドガの「入浴後の朝食」。ドガの影響を受けて踊り子やキャバレーの女性を描いても、ドガのこの客観的な視線はロートレックにはあまり感じられません。

ロートレックは「男」のアウトサイダーとして社会の底辺の娼婦たちを覗き見ていたのではないでしょうか。

pic_profile_lautrec.jpg

ロートレック。トゥールーズの伯爵家に生まれながら、37歳で梅毒を患って(アルコール性肝障害という説もあり)世を去った痛ましい画家。

名作「赤い風車」の映画にその悲しくも激しい生涯が描かれています。

pic_exhibition_8.jpg  pic_exhibition_7.jpg

ロートレックの絵は日本画的な手法を多用しています。
象徴的な部分を描くことによって全体を示唆したり、くっきりした線や面的な色づけを使ったり。

これらのポスターは現代の私たちが見ても、古さを感じない瑞々しく躍動感に溢れたものです。

37歳の若さでこの世を去った薄幸の画家。
生涯アウトサイダーとして、華やかな世界の裏側をこっそり覗き見ていたロートレックという「男」。

ロートレックの鮮やかなポスター絵も、そんなことを心において鑑賞してみると、さらに深いものが感じられそうな気がします。


スポンサーサイト

THEME:絵画・美術 - GENRE:学問・文化・芸術
美術TB(0) | CM(0) | top↑
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。